--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月07日 (水) | Edit |
今日は、ビーズアクセサリー(ネックレス)を作りました。

このネックレスは、【Parts Club】のレシピに掲載されて

いるもので、「これ、作ってみたい!」と、

先日野球観戦に行く際にちょっとだけ浅草橋に寄り道をして、

材料を調達してきました。


色は、ゴールドを使った暖色系と、ロジウムを使った

寒色系の2種類。


まずは、ゴールドを使った暖色系のネックレスから。


DSCF0302(1).jpg

ネックレス部分をちょっとアップしてみました。


DSCF0303(1).jpg

この色合い、絶妙じゃないですか?多色を使った物の

色のバランスって、難しいんですよね。さすがだなぁ…うー。(感心)


レシピには、止め具にカニカンとダルマカンを使用しているのですが、

あえてここをスクラブに変えてみました。


DSCF0304(1).jpg

スクラブを使うと、ちょっとだけ高級感(!?)みたいなものが

出るような気がするのと、ロングネックレスなどそのまま頭から

被って身に着けられる長さの物を作る時には、カニカンや

アジャスターなど、長さを調節できる金具って邪魔なような気がして、

(あくまで私の考えですが。)スクラブに変更する事が多いんです。


これからの季節にぴったりな色合いで、暖色系の服に

合わせたらきっと可愛いだろうな…うふっ


次に、ロジウムを使った寒色系のネックレスがこちら。


DSCF0305(1).jpg

こちらも、ネックレス部分をアップ。


DSCF0306(1).jpg

黒とシルバーのパーツの中にひと際映えるブルージルコンと

ライラックのパーツ。暖色系とは全くイメージが違います。

黒の丸玉もただの丸玉ではなく、ラメがついてるんです。

これだけでも全くイメージが変わりますよね。


こちらもあえて止め具をスクラブに変更。


DSCF0307(1).jpg

レシピでは、こちらの寒色系のパーツは、銀古美を使用して

いるのですが、あまり銀古美のネックレスは似合わないので、

ロジウムに変更して作りました。


寒色系の方は、黒のパーツをたくさん使用していて、引き締まって

見えます。シャツとかカッチリとしたスタイルに合いそううふっ


これからの季節、タートルネックのセーターなどに合わせたら

似合うかな…そんなイメージで材料を購入して作ってみましたが、

イメージ通りの仕上がりで、嬉しいわーい

アクリルビーズなので、ネックレス自体も軽い!

肩が凝ったりする事もなさそう。


たくさん出番を作ってあげたいな…って思います。



。☆。*†*。☆Thank you☆。*†*。☆。
読んで頂いてありがとうございます♪
   押して頂けると嬉しいです!
           ↓
     blogram投票ボタン

。☆。*†*。☆Thank you☆。*†*。☆。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とても素敵だね!
 どちらもいい感じだねv-10特に下の寒色系は絶妙だと思うし、私も好きな感じな色合いだよv-421ロジウムに変えて大正解だよ!
 
 このネックレスはロングかな?」
2009/10/07(Wed) 19:21 | URL  | ねー娘。 #-[ 編集]
Re: ありがとう!
いつもコメントありがとう!
褒めてもらえて嬉しいな。

寒色系の方は、黒のパーツが多いのにも関わらず、
モノトーンの様に単調じゃないのがいいよね。
ブルージルコンの色、私大好きなの。
だから余計に気に入ってるよ!

> ロジウムに変えて大正解だよ!

そうやって言ってもらえると、変えた甲斐がある。
何だか【古美】って私には似合わなくて…。
金古美も、銀古美もどうもね…。
だからいつも【古美】は使わずにゴールドかロジウム。

アンティークな感じを出すならいいのかもしれないけど、
今回作ったネックレスってちょっと違う気がしてね。
(もっと、スモーキーな色とかを使うなら、【古美】でも合うかも。)
 
>  このネックレスはロングかな?

長さは60cmくらい。ちょうどネックレスの中心が胸のちょっと上辺りに来るよ。
もう少しパーツを増やして、長めにするのもいいかもね!
2009/10/07(Wed) 19:40 | URL  | ちっぴ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。