--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月07日 (日) | Edit |
こんな時間ですが、忘れないうちに書き留めて置こうと

今、必死に思い出しながら更新しようとしてます。

(眠いぞー、私。<笑>)



☆;:*:;☆;:**:;☆;:*:;☆★.:゚+。☆ ☆.:゚+。★ ☆;:*:;☆;:**:;☆



B'z LIVE-GYM 2010 ”Ain't No Magic”

東京ドームに行ってきましたー!


DSCF0572(1).jpg

(今回買ったグッズ(パーカーとTシャツ)と、Live中に降ってきたテープと

ハートの紙吹雪。Live会場に来た人全員に配られた小冊子と共に)


当日まで席が分からなかったので、

すごーく心配だったんですが、

アリーナ中央より少しステージに向かって右側、

中央より少し前段辺り。

当然、2人の姿も肉眼でハッキリと分かる位置!

更に、ブロックの端で隣は広い通路になっていたので、

人にも遮られず、ステージ全体がよく見回せ、

そして、ずっと気になっていた音響も、スピーカーが

真正面だったのもあって、あの独特なタイムラグを

感じる事もなく、ホントにラッキーでした!


いつもB'zのLiveは、始まるとあっという間に

時間が流れてしまうんですが、

今回も、「えっ!?もう終わり???」

って思うくらい、あっという間に過ぎ去っていきました。


今回のLiveでは、アルバムの曲を中心に、

新旧織り交ぜた構成で、とっても楽しめましたよ!



ここからは完全にネタバレになりますので、

明日のLiveが初めての方、内容を知らずに楽しみたい

方は、見ない方がいいかも。





☆;:*:;☆;:**:;☆;:*:;☆★.:゚+。☆ ☆.:゚+。★ ☆;:*:;☆;:**:;☆



始まりは、アルバムの始まりと同じ。

松本さんのギターソロでのイントロからDIVEへ。

この曲、Live向きだなぁ…って思いました。

そして、『Time Files』とアルバム通りの曲順で進み…


ここで恒例のMC【B'zのLIVE-GYMにようこそ~!】

だけど、今回はちょっと違った。(笑)

稲葉さんが、「B'zの…、B'zの…」と2度言った所で、

急に松本さん参戦。「B'zの…」(笑)

稲葉さんが松本さんを見て、

『俺がやるんだけど。』みたいな顔をして、松本さんを

見て。(笑)

気を取り直して稲葉さんが、「B'zの…、B'zの…」

2度言った所で、また松本さんが。「B'zの…」って。(笑)

3度目に、また松本さんが言うのかと稲葉さんが

言わなかったら、今度はだんまりを決め込む松本さん。(笑)

その後2人で『俺?いや、お前?いや、やっぱり俺?』

みたいなまるでコントみたいなやりとりがあって、

やっと

「B'zのLIVE-GYMにようこそー!」



セットリスト通りに曲が進んでいくと…驚いた事が!

(下にセットリスト書いてあります。)


『Mayday!』が始まった時に、巨大な中央ステージが

ゆっくりと上昇し始めて…


なんと、

歌いながらアリーナ中央の観客の頭上を

越えながらステージごと前方に

(バックネット側)移動したんです!


凄すぎる!!!!

ステージが移動していくのを近くで見ながら、

「凄い!」を連発してた私。(笑)

そして、移動した先で『love me, I love you』を

歌って、『ultra soul』を歌いながら元の位置に

戻っていったのでした。


私個人的に嬉しかったのが、

『love me, I love you』を生で聴けた事。

1度も生で聴いた事がなかったので、

思わず鳥肌が立っちゃいました。

『love me, I love you』は、私がB'zを

好きになるきっかけになった曲だったので、

ホントに嬉しかった!


もちろん、『ultra soul』は、たくさん【ジャンプ】

しましたよ!


そして、ここでメンバー紹介。

キーボードの増田さんは『東京は凄いね!』とか、

ずっと『東京は○○だね!』って繰り返し言ってたな。(笑)

ベースのバリーは、片言の日本語で、

『東京タワーからお台場まで歩きました』って。(笑)

するとここで稲葉さん、

『これからも歩いて下さい。』サラリと一言。(笑)

シェーンも片言の日本語で、

『ぼくね、晴れ男。雨降って、ゴメンナサイ』

と。すると稲葉さん、

『晴れ男なの?』と聞き返すと、シェーンは

英語で『晴れ男【だった】』と。(笑)

一番笑えたのが松本さんの時。

松本さん、いきなりシェーンの真似をして、

『私、ちょっと【曇り男】雨降って、ゴメンナサイ』(笑)

稲葉さん、

『曇り男なんて初めて聞いた。何か、

今日メンバー全員曇ってる感じですが…』
(笑)

って。

何か、今日の松本さん、テンション高っ!(笑)


前半はバラードが多かったですが、中盤から

アンコール前まではもう【激しい】のひと言。


『だれにも言えねぇ』の曲の途中で出てきた、

今回のLiveでは恒例になっていたらしい

【だれにも言えねぇ井戸】

ここの井戸の中を覗くと、メンバーの【だれにも言えねぇ】

事実が暴露されるというもの。

今日は…かなり【だれにも言えねぇ】って感じだった

ようで、その事実に直面した稲葉さん、思い切り

笑った後、『これ、ホントに出しちゃっていいの?』と。

そして、稲葉さんが手に取って見せてくれた写真。

そこには…


【松本さんの半ケツ姿が!!!】


でも、よーく見ると、鹿の子の模様に見える

薄ーい柄が。

【GUCCIのまるでストッキングのようなスケスケ

のパンツを履いて、今日のLiveに臨んでる】


という、衝撃的な事実でした。(笑)

当人曰わく、

『これを履くと、セクシーな気分に、そして、

【猛々しい】気分にさせてくれる』
のだそう。(笑)

だから、『テンション高かったの?』(爆)


『愛のバクダン』では、大きな爆弾の形をした

巨大風船が。それを、みんなの手で触りながら場内を

舞っていたのですが、ここでちょっとしたハプニングが。

1つの風船が、私の近くに来て、

「わっ、触れるかも!」と思った瞬間、なんと、

主人から私の頭頂部に肘鉄を喰らわされて、

一瞬頭がクラッとして、目の前が真っ白に。

私、一瞬記憶なかったです。(笑)

そして、我に返った時には、1コーラス目のサビで、

【爆弾巨大風船】が割れ、そこからたくさんの

ハート型の風船が!

惜しくも取り損ねてしまいました。

そして、2コーラス目のサビで爆発音と共に、

紙吹雪巻き上げられ、それがヒラヒラと舞い降りてきて、

紙吹雪をゲット!ハートの形をした可愛い紙吹雪でした。


アンコール前、最後の曲『long time no see』

これが一番激しかった!!

曲の途中で稲葉さんとの掛け合いが。

稲葉:「イェ~~イ、イェイ!!ハイ!」

会場:「イェ~~イ、イェイ!!」


「今大きな声で叫ぶチャンスだー!」

みたいな事を稲葉さんが言って、その言葉に

煽られるようにどんどん会場のボルテージは上昇。

熱気冷めやらぬまま、

「どうもありがとう!」とステージ袖へ下がるメンバー達。


アンコールでステージに再登場すると、

『愛のままにわがままに~』、

最後の最後に『イチブトゼンブ』。

何となくそうかな…と思っていましたが。(笑)

バラードバージョンから普通のバージョンへの

2部構成でした。

そして、最後に花火がドッカーン!!


「あーあ…終わっちゃった。」


そして会場全員で、

「せーの、『お疲れー!』」


すがすがしい余韻と共に、東京ドームを後にしました。

疲れたけど、楽しかったー!楽しいLiveをありがとうー!



― 3月6日 @東京ドーム セットリスト ―

1.Introduction~DIVE
2.Time Flies

B'zのLIVE-GYMにようこそ!

3.MY LONELY TOWN
4.今夜月の見える丘に
5.PRAY
6.TIME
7.TINY DROPS
8.OCEAN
9.LOVE PHANTOM
10.MAGIC
11.Mayday!
12.love me, I love you
13.ultra soul
14.LOVE IS DEAD
15.IT'S SHOWTIME!!
16.Freedom Train
17.だれにも言えねぇ
18.MOVE
19.愛のバクダン
20.long time no see

―アンコール―

21.愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない
22.イチブトゼンブ -Ballad Version-(1番のみ)
23.イチブトゼンブ

エンディングSE:ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM-




。☆。*†*。☆Thank you☆。*†*。☆。
読んで頂いてありがとうございます♪
   押して頂けると嬉しいです!
           ↓
     blogram投票ボタン

。☆。*†*。☆Thank you☆。*†*。☆。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。